会社沿革

1923年(大正12年)

福島市天神町に活版印刷業、クサカ印刷所を開業

1946年(昭和21年)

福島市御山町に工場を新築移転。活字鋳造機を導入

1960年(昭和35年)

有限会社クサカ印刷所に改組(資本金380万円)

1969年(昭和44年)

オフセット印刷機導入、オフセット印刷物受注開始

1976年(昭和51年)

版下制作部門の有限会社フィニッシュ・アートを設立

写真植字機、電動タイプによる印字方式を導入

1984年(昭和59年)

福島市東浜町に印刷工場ビルを新築・移転

1985年(昭和60年)

電子組版システム(東レFX)を導入

1988年(昭和63年)

有限会社 郡山クサカ印刷を設立し、郡山市に進出

1988年(昭和63年)

クサカ印刷所の資本金を2,000万円に増資

1989年(平成元年)

株式会社 クサカ印刷所に登記変更

1991年(平成3年)

(有)郡山クサカ印刷をサンテック印刷(株)に改組し、郡山市日和田町に工場、事務所を新築

菊全判4色印刷機、四六半裁2色印刷機を導入

1992年(平成4年)

MacDTPとCEPSを導入し、デジタル製版システムを確立

1995年(平成7年)東北初のオンデマンド印刷機「E-Print1000」を導入

1996年(平成8年)

サンテック印刷(株)を株式会社 クサカ印刷所郡山事業部に改組

2001年(平成13年)

(有)フィニッシュ・アートを(株)クサカ印刷所へ統合、デジタル制作部とする。

2004年(平成16年)

菊全判CTP導入

2005年(平成17年)

WindowsDTPを本格導入

2006年(平成18年)

郡山工場の設備一式を福島工場に移設し、本社・工場として業務開始、最新鋭B半裁4色印刷機を導入